9日間台湾一周サイクリング:環島1号線または代替ルートを使って

公式の環島1号線サイクルルートNo.1)を補完する日々の旅程計画に加え、体験を高め、よりスムーズなライドを保証するための追加の提案と代替ルート。

観光局の環島1号線(サイクルルートNo.1)は島一周のサイクリング旅行を計画するための優れた枠組みを提供しますが、多くの仲間のサイクリストが改善の余地があると指摘しています。一般的な問題の一つは、特に西側の都市部におけるルート沿いの多数の信号灯で、これが旅行を大幅に遅くし、中断することがあります。

入念な計画とルーティングにより、よりスムーズで楽しいライドを実現することができます。ここでは、より静かな代替ルートを取り入れた9日間の旅程をまとめました。これらの代替ルートは、補給ポイントの少ない小道を含むことが多いことに注意してください。

地震、台風、モンスーンによる道路の損傷に対し、政府は迅速に修理を行います。しかし、修理の優先順位が必ずしも小さな道路を優遇するわけではありません。これらのルートが理想的な状態ではないと判断した場合は、環島1号線が推奨する主要道路に切り替えることをお勧めします。

右側通行(車の運転席が車の左側にある)のため、反時計回りの方向を推奨します。この方向では、海岸沿いのルートをサイクリングする際に海の景色をより楽しむことができ、ほとんどの観光スポットは便利に海側に位置しています。これにより、これらの場所を訪れる際に道路を渡る必要がなくなります。

1日目:松山駅(台北)から新竹県へ

河川に沿って桃園を目指し、西海岸の新竹に到達するために短い登りをします。(もし海岸沿いをサイクリングしたい場合は、この投稿の1日目を参照してください)

https://www.bikeexpress.com.tw/2022/cycling-around-taiwan-in-multiple-stages-1/#day1)

環島1号線は正式に松山駅から始まります。公式のGPSルートは、あなたを南京東路を通り、台北を横断するように案内します。そこから、大稻埕埠頭広場を経由して静かな河川自転車道に入り、交通信号のない専用自転車道20kmを通って市の郊外へと導きます。市外に出ると、他の車両と道を共有することになりますが、交通量が少ないので、心配しなくでもいいです。しかし、特に市内では、時折の交通信号での停止によりサイクリング体験が妨げられる可能性があります。

私は、河川自転車道の利用を最大化し、交通信号による中断を最小限に抑えることを目的として、この代替ルートを考案しました。旅の前半部分にある保護された自転車道は、自転車のセットアップに慣れるためのより安全な環境を提供します。南京東路を通るのではなく、饒河避難門を通じて河川自転車道にアクセスし、台北を通るスムーズなライドを保証します。公式ルートが三峡に到達した時点で省道3号に向かうよう指示しているのに対し、この代替ルートは専用自転車道をさらに20km走行し、三坑で公式ルートと合流します。

公式ルート(青色):

代替ルート(緑色):

註記:ルートを使用するには、スマートフォンにアプリをインストールしてください。スマートフォンのブラウザで上記のリンクをタップすると、アプリが自動的に起動してルートを読み込みます。Garmin Connectの場合、アプリを使用してルートをGarminデバイスに送信できます。台湾で購入したGarminデバイスでない場合、デバイスに台湾地図がインストールされていることも確認する必要があります。このトピックに関する当社のブログ投稿もご覧いただけます

2日目:新竹県から彰化市へ

西海岸を一日かけて探索し、壮大な海の景色を楽しんでください。交通信号が最小限に抑えられた長く、フラットな区間を体験し、途切れることなくサイクリングを楽しむことができます。

2日目の最後の20kmでは、西海岸から内陸部に向かってルートが変更されます。この旅程の3日目と4日目には、多くの町と交通があると感じる人もいるかもしれません。途切れることなく長い距離をサイクリングしたい場合は、台北から高雄までの1日ルートが2日目から4日目にはより適しています。このルートを2日から3日に分けて、宿泊する町を選んでください。これは西海岸のサイクリングトリップの例です:

https://www.bikeexpress.com.tw/ja/2024/cycling-around-taiwan-in-multiple-stages-1-taipei-to-kaohsiung-jp/

新竹は、台湾海峡が最も狭い島の西端に位置しています。北風が主流となる期間(9月 – 2月)には、このチャネルを風が通過する際にベンチュリ効果により風速が強まります。その結果、新竹はその強力な風で有名、あるいは時に悪名高いです。秋と冬の月には、サイクリストは沿岸を押し進める風の助けを借ります。6月から8月にかけては風向きが変わりますが、通常は過度に強くはありません。

この西海岸の区間には数多くの絵のように美しい自転車道があります。主要道路にのみ固執するのは、見逃した機会となるでしょう。そのため、いくつかの迂回路を含む代替ルートを作成しました。これにより、より静かな環境と日陰のエリアへと、あなたを海岸縁へと導きます。狭い道と、特に休日には他の道路利用者との交流のため、主要道路上を進むよりも速度がやや遅くなる可能性があることに注意してください。これらの迂回路は全体の距離に20kmを加えますが、総上昇高度を665メートルから320メートルに減少させます。彰化市への到達が困難になった場合は、台中市梧棲区にあるホテルで一泊することができます。翌日のルートが短い、85kmのため、これが推奨されます。

公式ルート:

代替ルート:

3日目:彰化から嘉義へ

前半は町を巡り、後半は素朴な田園地帯を通る内陸ルートです。

台湾本島の南部は、より広大な平地を誇ります。私たちは丘に近い場所をサイクリングしますが、80kmの総上昇は301メートルだけです。最初の35kmは、花壇、員林、永靖、北斗、溪州の5つの郷を通過します。道路は広く、スクーターや自転車のための専用の遅い車線がありますが、リズムを崩す可能性のある交通信号には注意が必要です。絵のように美しい西螺大橋に近づくと、条件は改善されます。この橋はその後、農産物で有名な雲林県へと続きます。ルートの第2部は、素朴な景色が優勢で、より快適なライドを提供します。郷を迂回したい場合は、社頭まで電車を利用することができます。彰化を出発する前に、地域の注目の観光地である彰化扇形車庫を訪れることを忘れないでください。

環島1号線は、日月潭へのサイクリングのオプションを提供していますが、これにはメインルートに再び合流するために追加の日が必要になります。

嘉義に到着したら、Netflix の「ストリートフード:アジア」で紹介された魚頭スープで有名なレストランを訪れることを検討してください。

公式ルート:

4日目:嘉義から高雄へ

台湾の広大な嘉義-台南平野、別名を嘉南平原を通り、国内第三の都市である高雄で終わるのんびりとした一日のライドを楽しみます。

100kmの距離をカバーするこのルートは、総上昇高度725メートルを含みます。道路は広々としており、快適さを増すための追加の遅行車線が特徴です。途中で遭遇する町は少なく、旅全体を通じて風光明媚な田園風景を楽しむことができます。順調に進んでいる場合は、台南の上上地区にある旧水道博物館への迂回を検討してください。日本統治時代に建設されたこの歴史的な水処理プラントは、ルートにわずか3キロメートルを追加するだけで訪れる価値があります。この美しい博物館を探索するには少なくとも1時間の時間が必要だと考えてください。

ルートを続け、新化老街を出発すると、高速鉄道の下を走ることになります。大湖駅を過ぎると、通過する各町は徐々に大きく、忙しくなり、最終的に高雄の楠梓区に到着します。公式ルートはこの日はここで終了しますが、より多くのホテルオプションを求め、翌日の朝の通勤交通を避けるために、市中心部へ自転車で入ることをお勧めします。5日目の旅程で詳細については後述します。

公式ルート:

代替ルート:

5日目:高雄から屏東の車城へ

高雄を出発し、島の最南端に位置する屏東県を目指すサイクリングの日を始めます。これにより、西海岸のレグが終了します。

高雄は台湾の主要都市の一つであり、スムーズに移動するために仲間のサイクリストからアドバイスを求めました。楠梓区に宿泊している方のために、高雄在住のVivian Wongは、小港駅へのMRTの利用を提案しており、これにより市内の交通を効果的に迂回できます。自転車はMRTの運行時間中いつでも利用可能で、運賃はNTD 60です。自転車での移動を好む場合、Vivianは県道186号を東に進み、その後省道29号へと移行して南へ向かうことを提案しています。このルートは仁武区の後に交通を回避し、交通信号が少なくなります。また、少し登りに挑戦したい方には、県道186甲がさらに良い選択肢を提供します。提案されたルート(代替ルート)はこのセクションの終わりにあります。

著名なサイクリングライター兼VloggerのEddie Chenは、市中心部に近い高雄駅周辺の宿泊施設を推奨しています。地元の人々が主に仕事のために市中心部に向かうため、朝の反対方向に進むサイクリストは混雑が少ない経験をします。Eddieはまた、鼓山渡船埠から旗津区へのフェリーでの迂回も提案しています。これにより、長い島の南端をたどる絵のように美しい自転車道を楽しむことができます。中洲渡船駅から前鎮区へのフェリーを利用した後、市外が見えてきます。島の南端のトンネルでは自転車の通行が禁止されていることに注意してください。

こちらは鼓山渡船埠中洲渡船駅の時刻表です。

枋山郷を出発した後、2つのルートが呼びかけています:省道9号と県道1999号。これらのルートはあなたを丘を越えて東海岸に導きます。省道9号が先に来ます。このルートを好む場合は、楓港での宿泊を選んでください。個人的には、より多くのホステルやレストランの選択肢を提供する車城へさらに南へ進むことをお勧めします。県道199も、特に週末は交通量が少ないため、サイクリングに適しています。

ほとんどの公式GPXルートはあなたを省道9号に導きます。ここで公式ルートは車城に導くために若干修正されています。

公式ルート:

代替ルート:

6日目:屏東県から台東県へ

壽卡鉄馬駅を越えて登り、美しい東海岸へと下る。

今日は、西海岸から東海岸への移行として、県道199を使って壽卡まで登り、標高450メートルに達する挑戦を行います。ピークに到達した後のいくつかの上り下りにより、総累積上昇は1300メートルになります。県道199は、勾配が穏やかな静かな道です。ルートに沿って、台湾の16の先住民族の一つであるパイワン族の集落に遭遇します。レストランや店舗もルートに沿ってアクセス可能です。通過する際に閉まっている場合は、牡丹の7-ElevenHi-Lifeなどのコンビニで、必ず食料と水を補給してください。

登りを完了すると、達仁から台東へのルートに沿った碧い太平洋の壮大なパノラマビューとともに、スリリングな下り坂が報酬として待っています。もう少し100メートルの登りがあります。小さな町に到着したら休憩を取り、補給をしてください。

このクラシックな9日間の旅程に従って、さらに花東縦谷への進行のために国道9号に移ります。宿泊オプションを求める場合は、知本卑南の温泉ホテルに滞在を検討してください。台東市を選択する場合は、より直接的なルートである省道11号に切り替えてください。

公式ルート:

7日目:台東から花蓮県(瑞穂郷)へ

台湾の花東縦谷の景観の美しさを楽しむ、のんびりとしたサイクリングの旅に出発します。

台東から花蓮市へは2つのサイクリングルートがあります:縦谷ルート(省道9号)と沿岸ルート(省道11号)。このクラシックな旅程では、補給ポイントや宿泊可能な町が多いため、縦谷ルートを選択することを提案しています。また、縦谷は北東の季節風からある程度保護してくれるため、北上するサイクリングが容易になります。

このルートのナビゲーションは直截です。北向きの省道をフォローしてください。訪れる価値のある2つの観光スポットは、池上のブラウンブルーバードと、独立自転車道である玉里富里自転車道の出発点となる古い東里駅です。この自転車道は省道9号に平行しており、自転車専用です。この自転車道を通って、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの接合部(2023年9月18日の地震により一時的に閉鎖、2024年6月6日に再開予定)へと導かれます。これらの観光地と自転車道への迂回は、このセクションの代替ルート1に含まれています。

しかし、自転車道がない場合は、モータライズドトラフィックと道を共有しながら高速道路をサイクリングする必要があります。交通量が少ないルートを好む場合、Eddie Chenは池上のブラウンブルーバードを訪れた後、西へ向かい、卓富工業道路(花75)を使って玉里へ向かうことを推奨しています。この道は、最小限の交通量で田んぼの間近な景色を提供します。玉里からは、次のルートで提案されているように、県道193号を瑞穂までフォローできます。

公式ルート:

代替ルート1:玉里富里自転車道

玉里富里自転車道は、2022年の地震の後、メンテナンスのため閉鎖されています。2024年夏の開放が予定されています。公式ルート:

代替ルート2:花75 197

8日目:花蓮県瑞穂郷から宜蘭へ

私たちは縦谷に沿った景色の良い旅を続け、瑞穂から新城まで行き、その後、難易度の高い蘇花公路を迂回するために、蘇澳新駅(蘇澳駅ではない)または宜蘭のさらに北の駅への電車を利用することにします。

以下は、自転車を電車に持ち込むことができる毎日の電車のオプションです。切符売り場のあるどの駅でも、大人の運賃の半額で自転車券を購入することができます。電車に自転車を持ち込むには、以下の情報を参照してください。

瑞穂から北上する場合、もっとも直接的なルートは省道9号を経由することです。県道193号も良い選択肢ですが、瑞穂を超えるとより丘陵地帯になります。県道193号では63kmの距離をカバーし、総上昇高度は700メートルに達しますが、省道9号では65kmをカバーし、総上昇高度はより管理しやすい314メートルです。花蓮駅に到着したら、新城駅まで自転車で行って電車に乗る必要はありません。宜蘭の様々な駅への直通電車があります。

電車を利用したくない場合は、挑戦的な蘇花公路を直面することになりますが、この難路を走るかどうかを決定するための投稿を書いています。蘇花公路をサイクリングする場合、前日により多くの距離をカバーし、花蓮市またはそれより北からライドを開始する必要があるかもしれません。

公式ルート:

パート1:総距離 96.77 km | 総上昇高度 348 m | 総下降高度 455 m

パート2:総距離 14.29 km | 総上昇高度 19 m | 総下降高度 41 m

9日目:宜蘭から台北へ

これはクラシックな9日間の台湾一周ツアーの最終日です。私たちは宜蘭を通って台北に戻ります。

公式ルートでは、宜蘭を出発し、省道2号線を北東に進み、三貂角の最北端に向かいます。そこには、三貂角灯台卯澳漁港など、美しい観光スポットがたくさんあります。これらの観光スポットは、本線とは別の自転車用ループで繋がっています。ハイライトの1つは、古い草嶺隧道を利用した2キロメートルの古い草嶺トンネルです。

ただし、自転車用ルートの入り口に到達する前に、頭城から20キロメートルほど、多くの大型トラックと道を共有する必要があります。週末や祝日には、大型トラックが少なくなるはずです。自転車用ルートの入り口に到着し、北に向かうと、古い草嶺トンネルがフロン駅への近道となり、涼しい不思議な自転車体験ができます。東に向かうと、省道2号線沿いの分離された自転車用ルートが美しい海岸の景色や他の観光スポットを提供します。

フロン駅で、大型トラックは省道2号線をルイファンに至るまで続けます。私たちはそれらと別れ、台北に戻るために省道2C号線と5号線に切り替えます。広くて平坦な道である省道2C号線は、青い丘の静かな景色を楽しむことができますが、基隆から台北に至る省道5号線は、特にラッシュ時には都市の交通量が多くなります。Garminルートの標高プロファイルを見ると、省道2C号線に525メートルの急なピークがあることに気付くかもしれません。ただし、その丘を登る必要はありません。トンネルがあります。Komootはより正確な標高プロファイルを提供しています。

省道5号線の交通渋滞を避けたい場合は、十分で縣道106号線に切り替えることができます。ただし、この縣道もバイク乗りに人気があり、週末は騒がしいかもしれません。この7-Elevenを通過した後、縣道109号線を登って南港、台北に戻ることができます。

新北市新店地区に戻る別のルートは、省道9号線を通じて平林地区を経由し、500メートルを超える2つのピークを登ることが含まれます。ただし、週末や祝日にこのルートを取ることはお勧めしません。高速バイクが多く、エンジン音がうるさいだけでなく、彼らのいくつかは各ターンを最高速度で通過しようとするため、事故のリスクが高まります。

台北に戻ったら、これらの2つの投稿を利用して、台北の都市内での自転車ルートを計画することができます:台北と新北のリバーサイドバイクウェイの案内と、台北都市圏の自転車移動方法

公式ルート:

代替ルート1縣道106号線

代替ルート2:省道9号線